お電話 0120-73-1874でのご注文は送料無料

現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

驚異のアトリエ

インスピレーションがクリエイションを生み出す場所

ラ・コート・オ・フェとプラン・レ・ワットに位置するピアジェのマニュファクチュール。ここではピアジェのデザイナーたちが、創業者ジョルジュ=エドワール・ピアジェの「常に必要以上に良いものをつくる」というモットーのもと、独創的で卓越したクリエイションを生み出しています。ピアジェのDNAは、まるで芸術品のように創り出される一つ一つのウォッチとジュエリーに宿っています。

ジュエリー デザイナー

原点へのこだわり 


ピアジェを代表する薄型キャリバーをはじめとする卓越したムーブメントが作られるのは、ラ・コート・オ・フェに位置するピアジェ マニュファクチュール。人里離れた静かなこの場所は、インスピレーションを花開かせ、細部まで配慮した作業を施すのにふさわしい場所です。どんなに細かなディテールでも、ピアジェの時計職人には、細心の注意を払って扱うのに小さすぎるということはありません。ピアジェのウォッチが刻むのは、彼らの情熱的な鼓動なのです。


金細工とジュエリーを専門とするピアジェの工房は、ジュネーブの郊外、プラン・レ・ワットに位置します。ここは、インスピレーションが創造力となり、ピアジェが持つゴールドとジェムストーンの美的感性が形となる場所。それぞれの原料は、洗練されたウォッチケースや装飾を施したしなやかなブレスレットに生まれ変わります。ピアジェの精神に基づいた芸術作品が創り出されていくのです。

ゴールドデザインジュエリーとハイジュエリー
極薄ウォッチ、スイスの時計マニュファクチュール

プラン・レ・ワット

プラン・レ・ワットのマニュファクチュールでは、デザイナーとジェモロジストが、ゴールドから類稀なピアジェの作品を創り出す新たな方法を常に模索しています。

その卓越性は一つ一つのゴールド製クリエイションに見ることができます。秀逸に仕上げられたウォッチケースはもちろん、細いワイヤー状にしたゴールドを編み込んだメッシュのブレスレットは、まるでシルクのような肌触りを生みます。それぞれのクリエイションに輝きを与えるのは、ピアジェのジェモロジストがもつ高いジェムセッティング技術。研磨、サテン仕上げ、作品を引き立たせる仕上げやダイヤモンドの装飾、エングレービングなどの仕上げのタッチが施され、デザイン画から輝きあふれるクリエイションを誕生させるのです。

歴史の原点、ラ・コート・オ・フェ

1874年にピアジェが創業した地は、今でもピアジェの拠点となっています。

ラ・コート・オ・フェには今なおピアジェの精神が大切に受け継がれ、ここで生み出されるすべてのピースに注ぎ込まれます。

創業当初の1874年からピアジェの職人は、ラグジュアリーウォッチのキャリバーを創り続けてきました。長年にわたり培ってきた卓越の技術により製作されたものの中には、2.35mmの薄さを誇るキャリバーもあります。

マニュファクチュールの薄型に対するこだわりにより、ピアジェのウォッチ製作には何年もの鍛錬を経て得られる卓越性が必要とされます。一つのムーブメントは、およそ15種類の異なる技術を駆使して400もの部品から構成され、細微な仕上げを要します。

ラ・コート・オ・フェに建つピアジェのマニュファクチュール

ゴールドのクラフツマンシップ