公式オンラインブティックオープン

国内配送料無料、ギフトラッピングでお届け

現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

スイスに建つピアジェのマニュファクチュール

歴史

創業 - 1874年

標高1000メートルを超えるスイス、ジュラ山脈の小さな村、ラ・コート・オ・フェ。この地でジョルジュ=エドワール・ピアジェによりメゾンの歴史が始まります。 

ピアジェ ファミリー

若き日よりウォッチメイキングに情熱を注いだジョルジュ=エドワール・ピアジェは、1874年、わずか19歳で一族の農場内の建物に最初の工房を構え、高精度のムーブメントと部品の制作に没頭しました。創業間もないころから「常に必要以上に良いものをつくる」をモットーにしていた彼の向上心は、今日に至るまでピアジェを鼓舞し続けています。 

ラ・コート・オ・フェから世界へ、農場からアトリエへ、時代を経ても、卓越性の追求はピアジェの原動力となっています。

時計職人一家、ピアジェ
ジョルジュ・エドワール・ピアジェの時計

輝く卓越性

妻エマに贈った自作の時計をきっかけに、ジョルジュ=エドワールにウォッチメイキングへの探求心が芽生え、メゾンを設立します。

ピアジェの時計職人の工具箱

「常に必要以上によいものをつくる」

ジョルジュ=エドワール・ピアジェのモットーは、今もピアジェにインスピレーションを与え続けています。

スイスのピアジェの時計職人たち

受け継がれる精神

1910年、ジョルジュ=エドワールのレガシーはピアジェ家の人々に家業として受け継がれ、開花していきます。

変革

ジョルジュ=エドワールの息子ティモテ・ピアジェの下、ピアジェは変革を遂げます。ティモテは、ムーブメントの生産からウォッチおよび懐中時計の製造へと事業を変容させました。1943年にピアジェは商標を登録し、2年後にはピアジェ家の故郷ラ・コート・オ・フェに現在のピアジェの礎となる、より大きなマニュファクチュールを新設します。この発展を指揮したのは、ピアジェ家の3代目、ジェラルドとヴァランタン・ピアジェでした。 

ピアジェの高級時計とジュエリーの職人たち
ピアジェの高級時計の広告

メゾンの発展

メゾンは発展を続け、ピアジェのムーブメント、さらにラグジュアリーウォッチは名声を博していきます。

ジェラルド・ピアジェ

ラ・コート・オ・フェから世界へ

ジェラルド・ピアジェは、弟のヴァランタンと共に、次の目標であるメゾンの世界展開を推し進めます。

ヴァランタン・ピアジェ

ウォッチメイキングの新しいビジョン

ヴァランタン・ピアジェはデザインに情熱を注ぎ、メゾンのシグネチャーとなる独創的なスタイルを作り出しました。

ラ・コート・オ・フェに建つピアジェのウォッチ マニュファクチュール

高度なクラフツマンシップ

ピアジェのクリエイションはラ・コート・オ・フェから生まれています。

薄型の革命 

薄型の探求は、ヴァランタン・ピアジェによって始まります。1957年のバーゼルフェアで発表した手巻キャリバー「9P」は大きな反響を呼び、一躍ピアジェは薄型ムーブメントの分野の第一人者となります。研究開発はその後も続き、1960年に独創的なマイクロローターを考案、世界最薄の自動巻キャリバー「12P」を生み出しました。これによりピアジェは、エレガントな薄型メンズウォッチの代表的なメゾンとして地位を確立します。

ピアジェの9Pゴールド製高級機械式時計
ピアジェの極薄時計ムーブメント9P

キャリバー「9P」

厚さわずか2mmのムーブメント「9P」は、数十年にわたって薄型のウォッチメイキングの開発に注がれた情熱の結晶です。

ピアジェの極薄時計ムーブメント12P

キャリバー「12P」

ピアジェを代表するもう一つのムーブメント「12P」は、わずか2.3mmの薄さを誇ります。

エレガント ウォッチ

究極のエレガンス

控えめなエレガンスの原点、薄型ウォッチ

ハイジュエリーへの情熱

1959年、ピアジェはジュネーブで初の「サロン ピアジェ」をが開催、洗練されたタイムピースに加えラグジュアリージュエリーのクリエイションを展示し、メゾンの独創性とサヴォアフェールを披露しました。 

また、同じくジュネーブに金細工とジェムセッティングに特化したアトリエを構え、これによりピアジェはクリエイションの全工程を自社で行うことができるようになりました。

ピアジェの時計デザイナーと職人たち
ピアジェの時計とジュエリーの広告

初のピアジェサロン

1959年、ピアジェは第1号店となるジュネーブのブティックで高度な技術を駆使したジュエリーとウォッチのクリエイションを披露しました。

ダイヤモンドがパヴェセッティングされたハイジュエリーウォッチ

ハイジュエリー マジック

全面にダイヤモンドをセッティングしたウォッチが、輝きと女性らしさの象徴としてメゾンのアイコンに。

大胆なスタイル

ピアジェの歴史を語る上で欠かせないもう一つのモットーがあります。ヴァランタン・ピアジェがメゾンのデザイナーたちに対して投げかけていた、「今までになされてこなかったことをしなさい」という言葉です。 

この言葉に倣って、1963年に初めて制作されたオーナメンタルストーンを文字盤に用いたウォッチは、センセーションを巻き起こしました。これがさらに発展し、て続いて時代の象徴となるカラフルを象徴する色鮮やかな「21ST CENTURY」コレクションが誕生します。 

ピアジェの魅力的で大胆なデザインは、ジャクリーン・ケネディ、エリザベス・テイラー、ソフィア・ローレンといった時の著名人たちを魅了していきました。また、ピアジェの芸術性は、1967年のサルバドール・ダリとのコラボレーションをはじめとして、多くのアーティストたちとのつながりの礎となりました。 

ピアジェのゴールド製ペンダントウォッチ

P1ag3t_W3b

ピアジェのハードストーン製ウォッチ

カラーをまとって

オーナメンタルストーンをウォッチメイキングに用いる手法は色使いに革新をもたらし、ピアジェのシグネチャーとなりました。

ジャッキー・ケネディのピアジェ ウォッチ

スタイルアイコンの出会い

歴史的に知られるスタイルアイコン、ジャクリーン・ケネディが身に着けていたのは、時代のアイコンとなったグラマラスなピアジェのラグジュアリーウォッチでした。

高級デザイナーカフウォッチ

大胆なクリエイティビティ

1969年、ピアジェのマイルストーンとなる「21ST CENTURY」コレクションが誕生。

ピアジェ限定サルバドール・ダリ ウォッチ

ピアジェとダリ

共にゴールドを愛したピアジェとサルバドール・ダリ。ピアジェはダリのデザインを使用する権利を取得し、1967年に限定コレクションを発表しました。

ピアジェ ソサエティ

創業家4代目のイヴ・ピアジェの下、メゾンはエレガンスとラグジュアリーの代名詞となり、セレブリティとの結び付きを深めて魅力的なイベントを開催するようになりました。1979年には、リラックスしたエレガンスという当時の風潮を捉えたゴールド製のPIAGET POLOを発表。ラグジュアリーな時代の象徴となり、王族のスポーツ、ポロともつながりを持ち始めます。

ピアジェのポロ イベント
Piaget Poloゴールド製ウォッチ

PIAGET POLO

カジュアルでシックなPIAGET POLOは、時代の象徴となりました。

ピアジェのポロの試合

スタイルと共に

ポロ競技を通じて、ピアジェは独自の視点でスポーツスタイルとエレガントなライフスタイルを融合しました。

ピアジェのアンディ・ウォーホル ウォッチ

ピアジェとアンディ・ウォーホル

メゾンの友人となったアンディ・ウォーホルとのコラボレーションにより、大胆で艷やかなゴールドとブラックのウォッチが誕生しました。このデザインはウォーホルのお気に入りでした。

さらなる変革 

20世紀の終わりに誕生したPOSSESSIONは、ピアジェの自由な精神をさらに開花させ、メゾンのサヴォアフェールを駆使した遊び心あふれるクリエイションを生み出しました。

また90年代にメゾンは、ラグジュアリー ウォッチから独創的なハイジュエリーのクリエイションまで、来たる21世紀に向けて方向性を定め、同時期に薄型ウォッチに南米アンデス山脈に広がる高原の名を冠し、ALTIPLANOを誕生させます。


さらに2001年、創造性あふれる未来への種をまくべく、プラン・レ・ワットに新しいアトリエをオープンしました。

Piaget Possessionゴールド製リング
Piaget Possessionの回転するリング

遊び心あふれるアイコン

ラグジュアリージュエリーに遊び心をもたらしたPOSSESSION。ひねりのあるデザインと回転リングが輝く時を作り出します。

Altiplanoの風景

風景からの創造

手首にほぼフラットにフィットするピアジェのアイコニックな薄型ウォッチ、ALTIPLANOは、南米の高原からインスピレーションを得ています。

Piaget Roseジュエリー

ロマンスのバラ

イヴ・ピアジェの名を冠したイヴ・ピアジェ ローズは、彼の生涯にわたるバラへの情熱と、バラの世界への献身を体現しています。PIAGET ROSEは、バラの花、そして類まれなジュエリーのクリエイションに注がれたイヴ・ピアジェのパッションから生まれたコレクションです。

ピアジェのハイジュエリー

ハイジュエリーの輝き

真に卓越した職人による、真に卓越したクリエイション。