お電話 0120-73-1874でのご注文は送料無料

現在閲覧されているバージョンはとなります。
お客様の位置情報と対応する情報を確認するために、以下のバージョンのご利用をおすすめいたします:

スイスに建つピアジェのマニュファクチュール

歴史

創業 - 1874年

標高1000メートルを超える山々が連なる、スイス、ジュラ渓谷。ジョルジュ=エドワール・ピアジェによりメゾンの精神が生み出されたのは、この渓谷に位置する小さな村、ラ・コート・オ・フェでした。

ピアジェ一家

若き日よりウォッチメイキングに情熱を傾けたジョルジュ=エドワール・ピアジェは、1874年、わずか19歳で家族が持つ農場の中に最初の工房を立ち上げました。この場所で、彼は精巧なムーブメントと部品の制作に身を捧げたのです。創業間もないころから「常に必要以上に良いものを作る」をモットーにしていた彼の向上心は、今日に至るまでピアジェを鼓舞し続けています。 

ラ・コート・オ・フェから世界へ、農場からアトリエへ。ピアジェを動かす原動力はいつでも、卓越性の追求なのです。

時計職人一家、ピアジェ
ジョルジュ・エドワール・ピアジェの時計

輝く卓越性

妻エマに贈った自作の時計をきっかけに、ジョルジュ=エドワールのウォッチメイキングへのこだわりが芽生えます。そして、メゾンの設立へと至ったのです。

ピアジェの時計職人の工具箱

『常に必要以上によいものをつくる』

ジョルジュ=エドワール・ピアジェのモットーは、今もピアジェにインスピレーションを与え続けています。

スイスのピアジェの時計職人たち

家族精神

1910年、ジョルジュ=エドワールの遺産を継承するピアジェ家の人々により、家族経営の事業は成功を収めていきました。

変革

ジョルジュ=エドワールの息子ティモテ・ピアジェのリーダーシップのもと、ピアジェは変革を遂げます。ティモテは、会社をムーブメントの製造業者からラグジュアリーな腕時計や懐中時計のブランドへ変容させました。1943年、ピアジェは商標を登録し、その2年後にはピアジェ家の故郷ラ・コート・オ・フェに現在のピアジェの礎となる、より大きなマニュファクチュールを新たに完成させます。この発展の指揮を取ったのは、ピアジェ家の3世代目に当たるジェラルドとヴァランタン・ピアジェでした。 

ピアジェの高級時計とジュエリーの職人たち
ピアジェの高級時計の広告

メゾンの発展

メゾンが発展するにつれ、ピアジェはムーブメントで名声を博し、ラグジュアリーウォッチにおいても高い評判を得るようになりました。

ジェラルド・ピアジェ

ラ・コート・オ・フェから世界へ

ジェラルド・ピアジェは、兄弟のヴァランタンと共に、次の目標であるメゾンの世界展開を推し進めます。

ヴァランタン・ピアジェ

ウォッチメイキングの新しいビジョン

デザインに情熱を注ぐヴァランタン・ピアジェによって、大胆なスタイルがメゾンのシグネチャーとなりました。

ラ・コート・オ・フェに建つピアジェのウォッチ マニュファクチュール

貴重なクラフツマンシップ

名高きピアジェの根幹を成す地、それがラ・コート・オ・フェという場所です。

薄型の革命 

薄型 へのこだわりは、ヴァランタン・ピアジェとともに始まります。彼は、薄型を作り出す磨き抜かれた専門技術をブランドのシグネチャーとして確立しました。1957年、バーゼルワールドで手巻キャリバー「9P」を発表し注目を集めたピアジェは、薄型ムーブメントの分野で脚光を浴びます。そして1960年、創意工夫を凝らしたマイクロローターを考案し、世界最薄の自動巻キャリバー「12P」を生み出しました。これによりピアジェは、エレガントな薄型メンズウォッチを代表するメゾンとして確固たる地位を築いたのです。

ピアジェの9Pゴールド製高級機械式時計
ピアジェの極薄時計ムーブメント9P

キャリバー「9P」

厚さわずか2mmの薄型ウォッチ「9P」は、薄型ウォッチメイキングに数十年もの間注いできたピアジェの情熱の結晶です。

ピアジェの極薄時計ムーブメント12P

キャリバー「12P」

ピアジェを代表するもう一つの薄型ウォッチ「12P」。わずか2.3mmの薄さを誇ります。

エレガント ウォッチ

究極のエレガンス

薄型ウォッチには控えめなエレガンスが表現されています。

ハイジュエリーへの情熱

1959年、ジュネーブにて初の「サロン ピアジェ」が開催されます。ここでピアジェは、洗練されたタイムピースに加えラグジュアリージュエリーのクリエイションを展示し、メゾンの独創性とサヴォアフェールを披露しました。 

また、同じくジュネーブに、金細工とジェムセッティングに特化したアトリエを設置。これによりメゾンは、クリエイションの全ての工程を自社で行うことができるようになりました。

ピアジェの時計デザイナーと職人たち
ピアジェの時計とジュエリーの広告

最初のサロン ピアジェ

ピアジェの壮麗なジュエリーとウォッチメイキングのクリエイションが、ジュネーブにオープンした最初のピアジェ ブティックで披露されたのは、1959年のことでした。

ダイヤモンドがパヴェセッティングされたハイジュエリーウォッチ

ハイジュエリー マジック

フルパヴェセッティングのウォッチが、輝きと女性らしさの象徴としてメゾンのアイコンに。

大胆なスタイル

ピアジェの歴史を語る上で欠かせないもう一つのモットーがあります。ヴァランタン・ピアジェがメゾンのデザイナーたちに対して投げかけていた、「今までになされてこなかったことをしなさい」という言葉です。 

この言葉に倣い、1963年、初めてオーナメンタルストーンを文字盤にセットした時計を発表したピアジェは、センセーションを巻き起こしました。続いて時代を象徴する色鮮やかな「21st Century」コレクションを発表し、さらなる驚きを呼びます。 

年月を重ねていく中で、ピアジェの魅力的で大胆なデザインは、ジャクリーン・ケネディやエリザベス・テイラー、ソフィア・ローレンといった、時代を象徴する輝きあふれる著名人たちを魅了していきました。こうしたピアジェの芸術性は、1967年のサルバドール・ダリに始まり、多くのアーティストたちと築いてきた実りある関係の根幹を成しています。

ピアジェのゴールド製ペンダントウォッチ

P1ag3t_W3b

ピアジェのハードストーン製ウォッチ

カラーをまとって

色使いに革新を起こした、オーナメンタルストーンをウォッチメイキングに組み合わせる手法は、ピアジェのシグネチャーの一つとなりました。

ジャッキー・ケネディのピアジェ ウォッチ

スタイルアイコンたちを魅了

歴史的な人物でありスタイルアイコンとしても知られるジャクリーン・ケネディが身に着けたのは、女性らしさがあふれるピアジェのラグジュアリーウォッチでした。

高級デザイナーカフウォッチ

大胆なクリエイティビティ

1969年、ピアジェ「21st Century」コレクションが誕生します。

ピアジェ限定サルバドール・ダリ ウォッチ

ピアジェとダリ

共にゴールドを愛したピアジェとサルバドール・ダリ。ピアジェは1967年発表の限定コレクションにダリのデザインを使用する権利を得ました。

ピアジェ ソサエティ

メゾンはピアジェ家4世代目のイヴ・ピアジェのもと、エレガントでラグジュアリーな上流階級の人々と密接な関係を築き始め、魅力的なイベントを開催するようになりました。1979年には、控えめなエレガンスという時代の風潮をとらえたゴールド製のPIAGET POLOを発表。ラグジュアリーな時代の象徴となるのに加え、王族たちのスポーツであるポロともつながりを持つようになります。

ピアジェのポロ イベント
Piaget Poloゴールド製ウォッチ

PIAGET POLOウォッチ

カジュアルでありながらもシックなウォッチは、時代の象徴となりました。

ピアジェのポロの試合

スタイルのある生活

ピアジェが表現したのは、スポーツとスタイル、そしてエレガントなライフスタイルを併せ持つ「ポロ」という競技でした。

ピアジェのアンディ・ウォーホル ウォッチ

ピアジェとアンディ・ウォーホル

メゾンの友人となったアンディ・ウォーホルとのコラボレーションにより、大胆でありながら艷やかなゴールドとブラックのウォッチが生まれました。このデザインはウォーホルのお気に入りでした。

活気あふれる時代 

20世紀が終わりを迎えようとする頃、ピアジェの自由を愛する精神はジュエリーコレクション、POSSESSIONの中で新たな形を見つけます。メゾンが育んできたサヴォアフェールを真に具現化した遊び心あふれるクリエイションです。

ラグジュアリーウォッチから魅力的なハイジュエリーのクリエイションまで、メゾンは来たる21世紀にピアジェの未来を描き出しました。そしてまた、南米アンデス山脈の高原の名前を冠する薄型ウォッチALTIPLANOを生み出します。

2001年ピアジェは、素晴らしき未来の種をまくべく、プラン・レ・ワットに新しいアトリエをオープンしました。

Piaget Possessionゴールド製リング
Piaget Possessionの回転するリング

遊び心あふれるアイコン

回転するリングでジュエリーに動きを与えたPOSSESSION。遊び心とラグジュアリーの融合です。

Altiplanoの風景

インスピレーションあふれる風景

手首にほぼフラットにフィットする、ピアジェのアイコニックなALTIPLANO。南米の高原からインスピレーションを得た薄型ウォッチのコレクションです。

Piaget Roseジュエリー

ロマンスのバラ

イヴ・ピアジェが作り出したイヴ・ピアジェ ローズは、彼の生涯にわたるバラへの情熱と、バラの世界への献身を体現しています。イヴ・ピアジェのバラと類まれなジュエリーに向けた愛情をたたえて生まれたのがPIAGET ROSEコレクションです。

ピアジェのハイジュエリー

ハイジュエリーの輝き

真に卓越した職人による、真に卓越したクリエイション